1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 蒸気減圧減温システム
  4. 蒸気減圧減温システム

システム製品

蒸気減圧減温システム

過熱蒸気を飽和蒸気に戻すシステム

省スペースで過熱蒸気を高精度に減圧減温するシステムです。水分混入のない飽和蒸気を作り出します。

使用圧力範囲 0.00MPaG ~ 2.00MPaG
使用温度範囲 0℃ ~ 425℃

特長

過熱蒸気を飽和蒸気へ高精度に減圧・減温します

必要直管長5mで飽和温度プラス5℃の減温が可能(呼径や条件によっては5mを超える場合があります)
最低流速5m/sの低速蒸気まで減温が可能。
水分混入のない飽和蒸気を生成可能。
圧力損失の少ないシステムなので減温のみも対応可能。

用途

  • 過熱状態で送気されてきた蒸気を熱源として使用する場合の減温
  • 精密空調用途などシビアな温度制御が必要な設備への供給蒸気の減温
  • 圧力差の大きな減圧を行って使用する生産プロセス用蒸気の減圧減温

蒸気の加熱がトラブルの原因かもしれません

「プロセスの温度制御が上手くいかない」
「加熱ムラによる品質の不良」
「バッチ時間が長い」

過熱蒸気とは主に動力源として使用される蒸気で、同じ圧力でも飽和蒸気より温度が高く、飽和蒸気より高い熱量を保有していますが、一定の圧力下でも条件次第で温度が異なる・熱伝達率が小さいなど、高温ガス体に近い性質を持つため熱源としては不適です。

場内に発電所をお持ちの工場などは、蒸気輸送本管は過熱蒸気で送気されていることがよくあります。この蒸気をプロセス用熱源として使用するには、飽和蒸気に戻さなければなりません。過熱蒸気を飽和蒸気に戻す操作を蒸気の世界では”減温”と言います。

一般に蒸気の減温は過熱蒸気と減温水を混合させる方法が採られます。原理としては非常にシンプルですが、確実に減温するためにはかなりの長さの直管部分が必要であったり、減温水の制御を極めて精密に行う必要があったりと課題が多く、省スペースで確実な減温を行うことが困難でした。

TLVでは、高性能混合分離器を開発・採用することで実績のある減温水混合方式を採りながら、従来の問題点を克服いたしました。

従来品との比較

TLV RGDS 従来品
制御可能温度(下限) 飽和温度+5℃* 飽和温度+10℃以上
減温に必要な
直管長
5m* 15m
減温に必要な
最低蒸気流速
5m/s 10m/s
生成される
飽和蒸気の質
水分混入なし 水分混入
  • *呼径や条件により異なりますので、詳細はお問い合わせください。

製品関連情報