1. ホーム
  2. 製品情報
  3. セパレーター
  4. サイクロンセパレーター(トラップ別体)

流体制御機器

サイクロンセパレーター(トラップ別体)

オールステンレス一体構造のセパレーター

トラップ別体型のサイクロンセパレーターです。ステンレス製一体構造で、蒸気・エア用配管で使用できます。
蒸気や空気の輸送配管途中や装置の入口手前に取り付けることで二次側へドレン水滴を流しません。
これによりドレンが混入することによる加熱効率の低下や作動トラブルの防止、ドレン付着による生産物の品質低下を防止することなどに効果を発揮します。

使用圧力範囲 0.00MPaG ~ 2.50MPaG
使用温度範囲 0℃ ~ 300℃

特長

オールステンレス

錆に強いオールステンレス製

乾き蒸気・空気・ガスの供給

高分離効率(98%)の高性能旋回式(SCE)セパレーターがドレンを分離します。その結果、乾き度の向上により製品品質・生産性の向上、ウォーターハンマーの解消を実現します。

省スペース

軽量コンパクトな設計です。

メンテナンスフリー構造

一体構造でメンテナンスは必要ありません。

用途

蒸気輸送管・蒸し器・蒸絨機・アトマイズ・ニーダー・各種蒸気加熱装置
空気配管・塗装機など乾いた空気を必要とするプロセス

セパレーターが必要な理由

高速で流れるドレンはドレンポットを通過します

蒸気配管中のドレン水滴を確実に分離・排除するには、ドレンポットを使用してスチームトラップを付けるだけでは不十分です。

高速で流れるドレンはドレンポットを通過します

ドレンポットの中を見てみると

蒸気配管中のドレン水滴の多くは高速で流れる蒸気に巻き上げられて、ドレンポットを飛び越えて装置側へ流れていきます。

セパレーターが必要な理由1

セパレーターが必要な理由2

セパレーターが必要な理由3

配管中の水滴によって引き起こされるトラブル事例

蒸気配管

蒸気配管中の水滴によって引き起こされるトラブル事例

エア配管

エア配管中の水滴によって引き起こされるトラブル事例

「サイクロンセパレーター(トラップ別体)」に関連する情報

製品関連情報