天井近くの減圧弁で頻繁にトラブル発生。メンテナンスも大変... | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 改善事例
  3. 天井近くの減圧弁で頻繁にトラブル発生。メンテナンスも大変…

業種:食品

天井近くの減圧弁で頻繁にトラブル発生。メンテナンスも大変…

あれほど頻繁だった圧力調整作業から解放され、
10年間メンテナンスフリーで助かっています。

使用条件によっては、減圧弁の汚れ・腐食がしやすく、圧力調整、分解清掃、部品交換を頻繁に行わなければならないケースがあります。それが高所なら負担もより大きくなります。そのような場所に蒸気プロセス用減圧弁(セパレーター・トラップ内蔵) COSPECT等を使用し、一切のトラブルから解放された事例です。

米久かがやき株式会社様

米久かがやき株式会社様

所在地埼玉県春日部市
使用装置名スモークハウス・蒸気輸送配管
生産物ハム・ソーセージ

お悩み

減圧弁の調整とメンテナンスに追われる日々

当初使用されていた減圧弁では、とにかく頻繁なトラブルに悩まされていました。
すぐに設定圧力が上昇するので調整作業は日常茶飯事。それでもダメな場合はその都度分解・清掃をするのですが、どの減圧弁も天井近くの高所に設置されているため、作業に大変な時間と労力がかかり、大きな負担となります。
それだけメンテナンスをしていても腐食しやすく、年に一度は部品のダイヤフラムの交換が必要でした。

問い合わせのきっかけ

初めて聞くスチームトラップ内蔵の減圧弁

スモークハウスなどでの使用のため、こんなものかと半ば諦めていた時にTLVに相談し、スチームトラップ内蔵の減圧弁 COSPECTの存在を知りました。
最初は、他社の減圧弁に比べ値段が高いと感じられましたが、トラップ内蔵型は初めてだったので、「この状態から開放されるなら」と試しに使ってみることとなりました。

解決策

試しにCOSPECTを一部で使ってみる

それまで使っていた減圧弁に代えて、一部TLVのCOSPECTを導入してみました。

COSPECT

改善結果

10年間メンテナンス不要でトラブル無し

まず、あれだけ起こっていたトラブルが全く発生しなくなったことに驚いたそうです。特にボイラーを炉筒煙管から貫流タイプに変更した時、他社品ではトラブルを多発しましたが、COSPECTではそのようなことはなく、その後10年間、全くメンテナンス不要で稼動を続けました。
その後も更新のたびにCOSPECTへの切り替えを進められています。

お客様の声

お客様の声

取締役
エンジニアリングマネージャー
後藤 末高様

「購入時の値段は高くても、10年以上持つことを考えればかえって安い買い物です。圧力・温度が安定しますので、品質の安定にも貢献しています。
最初の導入から18年、私たちにとってこの安心感は何物にも代えがたいものとなっています。」

他の改善事例