FRP金型の温度変動で製品不良に。トラブル対応で生産性低下... | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 改善事例
  3. FRP金型の温度変動で製品不良に。トラブル対応で生産性低下…

業種:樹脂加工

FRP金型の温度変動で製品不良に。トラブル対応で生産性低下…

温度が安定して製品不良が解消された上に、生産性も上がりました。

製品不良の原因となる温度のバラツキ。現場は対策に追われ、何年も悩んでいた現象が、減圧弁を蒸気プロセス用減圧弁(セパレーター・トラップ内蔵) COSPECT等に交換することで解消されました。温度の安定で製品の品質不良が解消され、現場の生産性も上がった事例です。

TOTOバスクリエイト株式会社様

TOTOバスクリエイト株式会社様

所在地 千葉県佐倉市
使用装置名 FRPプレス機
生産物 ユニットバス

お悩み

金型の温度にバラツキが出て、製品不良対策に追われる現場

6機のFRPプレス機に金型をセットし、蒸気で加熱してユニットバスを成形しています。
金型の温度制御ユニットには様々なメーカーの制御弁を採用していましたが、金型の温度に10℃前後のバラツキが発生し、成形品クラック(亀裂)、シワ、光沢ムラ、充填不良などが発生していました。現場では、手動でドレンブローなどをして何とかしのいでいたものの、それにも限界がありました。

問い合わせのきっかけ

製品不良の無いプレス機ではCOSPECTを使っている?

制御ユニットの更新にあたり、他のプレス機で使っていたCOSPECTを使ってみては?という話が持ち上がりました。そのプレス機ではもう19年間COSPECTを使っていて製品の品質不良によるトラブルが無いということでした。そこで、COSPECTの性能に期待してFRPプレス機でも試してみることにしました。

解決策

COSPECTを導入

制御ユニットの更新の時期に合わせて、COSPECT(MC-COS-16)を導入しました。

COSPECT

改善結果

温度のバラツキは収まり、成形不良は解消

熱源である蒸気温度の管理を圧力制御で代用するプレス機では、減圧弁の高精度化は大いに効果がありました。
COSPECT導入後は金型温度のバラツキも1~2℃以内に収まるようになり、温度が原因の成形不良はほぼ解消されました。また、手動でドレンブローをすることも無くなったお陰で、5%の生産性向上に繋がりました。

金型温度ムラ改善による効果

お客様の声

お客様の声

「温度のバラツキによる成形不良が解消されただけでなく、現場の生産性まで向上しました。その立役者である減圧弁が、同じ工場内で20年近くも使われていたとは。解決策は意外なところにありました。」

他の改善事例