廃熱回収 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【省エネルギー】廃熱回収

省エネルギー

廃熱回収

廃熱?排熱?

「廃熱回収」は、有効利用されることなく廃棄されている熱エネルギーを再利用し、エネルギーコストとCO2排出量の低減を図るものです。「排熱回収」と書かれることもありますが、排熱は主に排出されている状態を指していることが多いため、使わずに棄てられてしまう熱としては、廃熱の方が広い範囲を指しているとみなすことができます。

身近な廃熱回収の例

廃熱回収の具体的な例をいくつか挙げてみましょう。 モータースポーツに詳しい方ならご存知かもしれません。 F1マシンのパワーユニットには、エンジンの排気ガスの熱エネルギーを電気エネルギーに変換する廃熱回収システムが搭載されています。

エコノマイザー(=節炭器)

もっと身近な機器単体での廃熱回収も、古くから広く行われています。 例えばボイラーのエコノマイザー(=節炭器)は、ボイラーの燃焼排気ガスが持つ熱エネルギーで給水予熱を行う廃熱回収方法です。この方式をとることにより、廃熱回収前は80%台だった熱効率が95%前後まで高められます。

エコノマイザー(=節炭器)

吸収式冷凍機

冷熱を発生させる冷凍機にも、廃熱回収による省エネ型があります。 吸収式冷凍機には、蒸気を熱源として吸収液を加熱する方式があります。 高温再生器は蒸気で加熱し、その前段階は高温再生器から排出されるドレンで予熱して蒸気使用量を削減する「多重効用」タイプがそれです。

吸収式冷凍機

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。