エネルギー管理の進め方 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【省エネルギー】エネルギー管理の進め方

省エネルギー

エネルギー管理の進め方

把握すべき対象の明確化

省エネを推進して行くにあたってまずすべきことは現状把握です。そして現状把握の第一歩として、把握すべきエネルギーの対象を明確にしておくことが必要です。

省エネ法は元々、化石エネルギーの使用の合理化を目的としていますので、法が対象とするエネルギーは、「燃料およびこれを熱源とする熱ならびに電気」と定義されています。そして、燃料とは原油および揮発油、重油等の石油製品、ならびに石炭、コークス等の石炭製品と定められています。

従って、工場の省エネルギーを推進していく場合のエネルギーとは、一般的には省エネ法が対象とするエネルギーであり、具体的にはボイラーや炉の燃料、自家発電用の燃料、厨房用燃料、暖房用燃料、場内のフォークリフト等の燃料ならびに購入電力量などです。これら全ての現状把握が必要です。

定量化と各種換算

対象が決まれば次は定量化です。言うまでもなく定量化とは数値で捉えて表すことであり、工場全体の燃料・電気の年間使用量はもちろんのこと、その値を金額換算したもの、原油換算したもの、CO2排出量換算したものも最低限の情報として用意する必要があります。

できればさらにきめ細かく、前述のエネルギー種類別に、工場内のエネルギーフローを作成し、その用途別、組織別、設備別の使用量(毎時・月間・年間)を把握できれば理想です。

エネルギーフローの作成

エネルギーフローとは、工場のエネルギーの「入熱」と「出熱」の関係を図に表したものです。工場の省エネを進めるために最初に現状調査をした結果を数値化した上で、用途別に整理します。

実際に各用途別の省エネ活動を進めていく上で、全体像を掴み、方針を立てるために不可欠です。エネルギーフローを見れば、どんな種類のエネルギーを、社外からどれだけ購入し、そのエネルギーがどんな用途(設備)で、どれだけ使用されているのかが一目で分かるからです。

これを作成するためには、上述の通り、捉えるべきエネルギーの種類を決め、定量化します。ここまでは全体量ですから比較的簡単に調査できるはずです。

エネルギーフロー作成の大きな課題

次に必要なことは、このエネルギーの使用内訳の把握です。具体的には、各エネルギーについて、建屋・用途・工程・設備別の使用量を把握しなければなりません。多くの工場はこの段階で大きな課題にぶつかります。内訳が把握できるレベルまで計量が行なわれておらず、行き詰まってしまうことが多いのです。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。