蒸気使用設備の省エネ対策 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【省エネルギー】蒸気使用設備の省エネ対策

省エネルギー

蒸気使用設備の省エネ対策

蒸気を使用する目的

多くの工場には加熱・乾燥・加湿の工程があり、これらの生産設備に蒸気が供給されています。つまり蒸気は、より高い生産性で、より高品質な製品を生産することを目的に使われています。そして、この目的を達成するために、

  • 所定時間内に蒸気使用設備を昇温する
  • 蒸気の伝熱面温度を均一に保つ
  • 蒸気の省エネルギー

という観点で、蒸気使用方法の改善を進めていかなければなりません。

蒸気使用設備で出来る8つの省エネ対策

蒸気使用設備で出来る蒸気の省エネ対策としては下記の8つが上げられます。

蒸気使用設備で出来る8つの省エネ対策

ボイラーの省エネについてはボイラーの省エネ対策で説明しています。

1.  設備休止時の蒸気元バルブ開/閉確認

装置の休止中は蒸気を遮断した方が省エネになるのか、保温のために蒸気を通気し続けた方が省エネになるのか調査して明らかにしましょう。設備の昇温に要する蒸気量よりも非生産時待機中の蒸気量が多くなる設備では、バッチ操業の待ち時間帯に、設備の蒸気元バルブで蒸気の供給を完全に遮断しましょう。

2.  蒸気の適正圧力管理

蒸気使用設備は、一般的に被加熱物を所定時間内で目標とする温度まで昇温することを一つの目的としていますが、言い換えると高い圧力(温度)の蒸気を供給し、必要以上に短い時間で昇温させる必要はありません。過剰な蒸気圧力を適正圧力まで減圧することで蒸気の潜熱が増加し、蒸気使用量を低減できます。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。