蒸気の漏れ対策 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【省エネルギー】蒸気の漏れ対策

省エネルギー

蒸気の漏れ対策

蒸気の漏れ箇所

徹底した蒸気の省エネ対策が実施された工場では、蒸気配管やバルブ等から蒸気が漏れているのを見かけることがあまりありません。しかし、年月が経過するとガスケットの劣化等によって蒸気漏れは起こります。しっかりとメンテナンスが行なわれなければ、漏れ箇所・漏れ量とも時間とともに増加していくことになります。

一般に蒸気を使用する工場での蒸気漏れ箇所は、

  • 配管継ぎ手部
  • バルブ
  • スチームトラップ

の3つに大別されます。また、バルブとスチームトラップについてはグランドパッキン等からの外漏れ、シート部から二次側への内漏れに細分化されます。

配管継ぎ手部の漏れ対策

配管やバルブのフランジ接続部やねじ込み接続部からの蒸気漏れは、主に配管が熱によって膨張・収縮する際の応力、それによるボルトやねじ込みの緩み、ガスケットの劣化等が主な原因です。

熱によって配管が収縮することでボルト・ナットが緩み、接続部の隙間が広がったりズレが生じたりして漏れます

従って、漏れが発生した箇所については、増締めやガスケット交換などの処置だけでなく、原因分析に基づいて、固定支持点の変更や伸縮継ぎ手の追加のように恒久対策も実施しなければ、再発の可能性が高いと言えます。

伸縮継手から配管の収縮を吸収するため、継ぎ手部分からの漏れが起こりにくくなります

なお、最近採用が増えているステンレス配管は炭素鋼管よりも熱による伸び縮み量が多いため、初期には炭素鋼管以上に増締めに注意を払う必要があります。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。