材質 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【その他機器など】材質

その他機器など

材質

スチームトラップは何でできている?

スチームトラップ本体として多く使われている鋳鉄は、硬くて複雑な形状でも作りやすいという性質があり、岩手特産の南部鉄器や自動車のブレーキディスクなど、世の中で広く使われている身近な材質です。
トラップに使用されている材質は鋳鉄だけではなく、様々な製法で作られた材質が、条件や用途に応じて使い分けられています。
本稿では素材の製法と主な材質の特徴について解説します。

素材の製法について

鋳造

製品の形状をした鋳型(雌型)に高温で溶かした材料を流し込み、冷却した後型から取り外す製法です。
製品に近い複雑な形状の素材を大量に作る事ができ、切削・穴あけなどの加工が最低限で済む長所があります。

鍛造

鋼の棒材をハンマやプレスなどで叩いて(加圧して)成型する製法です。
高圧用のバルブや一部のディスク型トラップ、一部の高圧用フロートトラップの蓋部分などがこの方法で作られています。
鍛造の長所は緻密な内部組織が形成され、内部欠陥が少ないことですが、複雑な形状を成型しにくく加工代(かこうしろ)が多いなどの短所もあります。

TLV製品が主に使用している各材質の特徴

鋳鉄

2%以上の炭素を含有する鉄です。硬い反面粘りがなく脆い性質を持ちます。
組織中に化合物でない炭素が析出しており、この炭素の形状で性質が異なります。例えば一般的な鋳鉄であるねずみ鋳鉄は炭素が片状に析出していますが、ダクタイル(球状黒鉛)鋳鉄は炭素が粒状に析出しています。
当社のJ3Xなどのスチームトラップに採用しているCV(コンパクテッドバーミキュラ)鋳鉄は、現在JIS規格化されていませんが、ねずみ鋳鉄とダクタイル鋳鉄の中間の特性を持つ材料です。ダクタイル鋳鉄に近い強度を持ち、鋳造性・機械加工性等はダクタイル鋳鉄よりも優れているという特性があります。
いずれの鋳鉄品も溶接修理は高度な技術を必要とするため避けるべきです。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。