1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【その他機器など】ストレーナーとフィルター

その他機器など

ストレーナーとフィルター

ストレーナーとフィルターの違い

ストレーナーは「濾し器」です。一方、フィルターも「濾過器」なので、本来の単語の意味としては差がありません。どちらも「異物除去」のために使用されますが、では両者の違いとは何でしょうか。

当社製品では、機器の保護を目的として機器の手前に設置する物を「ストレーナー」、流体そのものの清浄性を高めることを目的とする物を「フィルター」と区別しています。

例えば、減圧弁に異物が流入しないように、手前にストレーナーを設置する、蒸気を食品の蒸し工程に使用するためフィルターを設置する、などの使い分けです。

フィルターとストレーナーの使用例

その使用目的から、TLVのストレーナーに内蔵されるスクリーンのメッシュ数は、標準では40メッシュから60メッシュとしています。

メッシュ数と、ろ過粒度

メッシュ数

メッシュ数は、金網の目の細かさ粗さを表す指標で、1インチの長さにマス目が何個並んでいるかを表します。

メッシュ数

同じメッシュ数でも実際のマス目の面積は、金網を構成する線の太さによって異なります。また、金網の編み方によっては、マス目の縦横長さが異なる物もあります。

このように、メッシュ数とは厳密なものではなく、あくまでも目安です。メッシュ数は目の細かさ粗さを表しているだけなので、「何メッシュの金網だから何μmの異物を捕集できる」と定まる物ではありません。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。