セパレーター | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【その他機器など】セパレーター

その他機器など

セパレーター

セパレーターにも色々あります

世の中にはセパレーターと呼ばれる機器や部品は数多く存在します。例えば、ボイラーの水位検知に用いる電極が相互に接触しないよう距離を保つ碍子(がいし)の一種や、気体から粉末等の個体を分離する機器などもセパレーターと呼ばれます。

このように色々なセパレーターがありますが、ここでは配管中を流れる気体から液体を分離するセパレーターについて考えます。

セパレーターの役割

配管内の飽和蒸気は輸送途中の放熱でその一部が凝縮し、ドレンになります。放熱をゼロにすることは現実的にできませんので、ボイラーで生成された蒸気を輸送する過程でドレンの発生を避けることはできません。圧縮空気輸送配管では、露点以下の温度になると結露しドレンが発生します。これらのドレンは、装置の加熱効率の低下や生産物の品質低下、作動トラブルを招く可能性があるため、ただちに排除しなければなりません。

ドレンの強制分離を行うのがセパレーターです

ドレン排除のために、輸送管にスチームトラップやエアトラップを設置しますが、それだけでは不十分な場合があります。蒸気や圧縮空気の輸送配管内のドレンは、気相部分と完全に分離して管底を流れているわけではないからです。その一部は、輸送配管内を毎秒30m程度の流速で流れる蒸気や圧縮空気に巻き込まれ、飛沫状になって飛んでいます。

ドレンの強制分離を行うのがセパレーターです


ドレンの強制分離を行うのがセパレーターです


ドレンの強制分離を行うのがセパレーターです

トラップには自らドレンを集めたり、飛んでいる水滴を強制的に分離する機能が無いため、この状態でトラップがドレンを排除するのは困難です。このようなドレンを排除するために、ドレンの強制分離を行うのがセパレーターです。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。