ON-OFF弁と連続制御弁 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【その他機器など】ON-OFF弁と連続制御弁

その他機器など

ON-OFF弁と連続制御弁

制御弁の意味

制御に使用される弁は、「制御弁」と呼ばれています。「制御弁」は自動制御で使用される弁全般の呼び名であるため、広義では電磁弁や電動弁が制御弁としての役割を果たしている場合もあります。

今回は、コントロール弁や調節弁などとも呼ばれ、弁開度を連続的に変化させて連続制御可能な狭義での制御弁と、電磁弁や電動弁など弁開度は全開/全閉の二位置しか取ることのできない通称ON-OFF弁とを比較します。

ON-OFF弁(電磁弁/電動弁)と連続制御弁

全開/全閉のみのON-OFF弁

ON-OFF弁は、弁開度を全開/全閉の二位置しか取ることができません。代表的なものに、電磁弁や電動ボール弁、空気動ボール弁があります。全開/全閉の二位置しか取ることができないことから、流路の開閉に多く使用されます。例えば、空気動弁やエアシリンダーを駆動するための圧縮空気ラインの開閉、油圧シリンダーを駆動する油圧回路のライン切り替えなどです。

数秒サイクルの素早い動作も可能な電磁弁や空気動ボール弁は、開閉頻度が多くなりがちな温度制御の熱媒回路(蒸気や温水など)や冷媒回路(チラー水やブラインなど)の開閉に使用されることもあります。電動ボール弁は素早い動作は苦手です。あまり短いサイクルで使用するとモーターが過熱して故障の原因になります。

ON-OFF弁の特徴

  • 比較的低コスト
  • 全開/全閉の二位置をとり、開度調整は不可
  • 作動が高速(電磁弁、空気動ボール弁)

電磁弁と電動弁については、電磁弁と電動弁でもご説明しています。

連続制御可能な制御弁

弁開度を連続的に変化させることが可能な制御弁は、弁部が玉形弁構造で弁を垂直方向に動かし、そのストロークで弁開度を変化させるものが代表的です。それ以外には、弁部に流量特性を考慮したポート形状をもつボール弁を採用しているタイプ、バタフライ弁を採用しているタイプなどもあります。弁を駆動するアクチュエーターの種類は空気動や電動が一般的です。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。