減圧弁の外部圧力検出 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【その他機器など】減圧弁の外部圧力検出

その他機器など

減圧弁の外部圧力検出

内部検出と外部検出

自力式減圧弁とは設定した二次側圧力が維持されるよう、自動的に弁開度を調整する弁です。何らかの形で二次側圧力を検出しフィードバックして圧力調整動作を行っています。自力式減圧弁の一種であるパイロット式減圧弁では、その圧力検出方法には内部検出と呼ばれる方法と、外部検出と呼ばれる方法の二種類があります。

内部検出方式

減圧弁内部の経路を用いて、二次側圧力を検出する方式

パイロット式減圧弁の内部検出方式(減圧弁内部の経路を用いて、二次側圧力を検出する方式)

外部検出方式

減圧弁よりも下流側に圧力検出ポイントを設け、そこから導圧用の外部配管を使用して圧力を検出する方式

パイロット式減圧弁の外部検出方式(減圧弁よりも下流側に圧力検出ポイントを設け、そこから導圧用の外部配管を使用して圧力を検出する方式)

多くの減圧弁は内部検出方式をとっています。その場合、減圧弁を設置するだけで他に何もすることはありません。TLVの減圧弁も内部検出が標準です。一部のパイロット式減圧弁では内部検出と外部検出のいずれかを選択できます。

外部検出方式では減圧弁を設置する際、二次側圧力を減圧弁へ伝えるための導圧配管を別途施工しなければなりません。また、減圧弁内部に設けられている内部検出用径路を塞ぐ必要があります。

外部検出のメリット

導圧配管を施工しなければならないというデメリットがあるにもかかわらず、施工が簡単な内部検出ではなく外部検出方式を採用するのはなぜしょうか。それは、次のような外部検出ならではのメリットがあるからです。

  • 外部検出方式は、一部の条件で内部検出方式よりも定格流量が増加
  • 二次側配管での圧力損失が大きく、かつ流量の変動幅が大きい場合、外部検出方式では蒸気使用装置における圧力の安定性が向上

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。