配管接続の方法 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【配管】配管の接続方法

配管

配管の接続方法

管はつないで使います

みなさんの工場には、ユーティリティーとして蒸気や空気、水などの流体を使用するさまざまな機器があると思います。また製品自体が「流体」である設備や装置もあるでしょう。これらの機器に共通していることは、流体を流すための管が接続されている=配管されている、という事実です。

配管中にはエルボやチーズなどの配管部材、流体を制御するバルブ類など、さまざまなものが接続されています。

接続には、よく用いられる方法があり、規格が存在します。規格に合った接合端の配管部材や機器を用意することで、効率的かつ確実に配管を組んでいくことが可能になります。

代表的な接続方法

まず、蒸気や圧縮空気輸送に使用される配管の接続について考えます。代表的な接続方法は以下の3種類です。これらの接続方法には長所短所と、それぞれに適した用途があります。

ねじ込み接続 フランジ接続 溶接接続-配管接続の方法

ねじ込み接続

比較的低圧で、小口径の機器によく採用されている接続方法です。文字通り接合部に切ったねじ山を用います。

当然ながら「おねじ」と「めねじ」の組み合わせで構成され、管を回転させてねじ込んでから接続・固定します。蒸気系統では機器側がめねじ、管側がおねじとなることが一般的です。

ねじの規格はいくつかありますが、日本国内においては「管用テーパーねじ」が適用されることがほとんどです。

テーパーねじは、その名の通り、ねじの先端部分の外径より、終わりの部分の外径が大きくなっています。そのため、ねじ込んでいくと、ある程度入ったところで、それ以上進まなくなります。

この時のねじ山同士の気密性で、シールをする仕組みです。これに、シールテープや液状のシール材を併用することになります。

ねじ込み接続-配管接続の方法

長所
  • 切断機とねじ切り盤があれば、現場あわせの工事も容易
  • 事前準備や工事実施の工数が少なくて済む
  • 国内ではねじの規格がほぼ単一
  • バルブやスチームトラップ等の機器が小型で軽量、安価に入手できる
  • フランジに比べ、ボルトやガスケットが不要で配管材料費が抑えられる

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。