蒸気の状態による分類 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【蒸気の基本】蒸気の状態による分類

蒸気の基本

蒸気の状態による分類

蒸気の状態とは

水は加熱をしていくと「気体の水」である水蒸気になりますが、その圧力や温度の組み合わせによって同じ蒸気でも随分と性質が異なります。
蒸気の種類と用途では用途の面から蒸気を分類しましたが、本稿では蒸気の状態で分類して説明します。

飽和蒸気

最も身近な「蒸気」です。飽和状態とは液相の水と気相の水が共存している状態で、別の表現をすれば、蒸発する速度と凝縮する速度が同じです。ボイラーで発生する蒸気は基本的に飽和蒸気です。加熱源としてみた場合、種々の優れた特性があり、100℃~200℃の加熱を行うための熱源としては非常に広く使用されています。

飽和蒸気が以下の理由で、熱源として広く使用されています。

潜熱加熱による高速かつ均一な加熱ができる品質・生産性向上

圧力と温度が一義的に決まる温度制御に代えて圧力制御可能

熱伝達率が高い伝熱面積を小さくできて設備投資軽減

元が水なので安全・低コスト

但し、放熱により蒸気自体が凝縮して水(ドレン)が生じるため、蒸気輸送配管にもドレン排除のためのスチームトラップを設置する必要があること、乾き度の高い状態で使用しなければ加熱効率が落ちること、配管抵抗などの圧力損失で圧力が低下した場合に温度も下がってしまうなど注意が必要な点もあります。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。