100℃以下の蒸気 前編(真空蒸気とは?) | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【蒸気の制御】100℃以下の蒸気 前編(真空蒸気とは?)

蒸気の制御

100℃以下の蒸気 前編(真空蒸気とは?)

蒸気が勢いよく吹き出すわけは

蒸気と言えば、バルブを開けて大気へ放出させると勢いよく吹き出すイメージがあります。パッキン漏れやピンホール漏れからも吹き出しています。この現象の意味するところは、「蒸気は大気圧よりも高い圧力を持っている」ということです。

蒸気と言えば、バルブを開けて大気へ放出させると勢いよく吹き出すイメージがあります。

では、蒸気の圧力は必ず大気圧よりも高いのでしょうか?実は大気圧以下の蒸気も存在します。

「高い山でごはんを炊くと生煮えになる」という話と関係があります。富士山頂などの高所では気圧が低いため沸点が下がります。100℃以下で沸騰して生じた蒸気、これが大気圧以下の蒸気です。

飽和状態の低温蒸気(真空蒸気)

実際に蒸気表で確認してみましょう。飽和蒸気表を見ると100℃の飽和蒸気の圧力は大気圧付近の101.42kPaであることがわかります。それと同時に、100℃よりも低い温度の蒸気があることが確認できます。

飽和状態の低温蒸気(真空蒸気)

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。