温度制御の問題点 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【蒸気の制御】温度制御の問題点

蒸気の制御

温度制御の問題点

温度制御は身近な制御ですが・・・

暑い夏や寒い冬でもエアコンで温度制御された職場は快適ですが、冷房時のECO温度は28℃、暖房時のECO温度は20℃とされていますのであまり効かせ過ぎないように注意が必要ですね。さて、本稿では同じ温度でも加熱のお話、温度を設定して加熱を行う「温度コントール」について考えてみます。

  • 蒸気加熱で熱風を作る
  • 蒸気加熱で温水を作る

・・・などは蒸気を使用した温度制御の代表的な例です。熱風や温水の温度が適正な温度になるように蒸気を調整します。
熱源を蒸気と限定しない温度制御そのものは、エアコン、自動焚きのお風呂など身近なところで広く用いられています。
私たちは主に加熱の手段として蒸気を使用する事が多く、欲しいのは被加熱物(製品)の温度ですから、この温度制御こそが理想の制御方法のように思えますが、実はそうではないケースもあります。

温度測定は難しい?

温度制御とは文字通り、温度をフィードバックして制御を行うわけですが、 基本となるべき温度測定が意外に難しいのです。温度は測定する場所によって差がある事が多く、センサーが被測定物と同じ温度に達するまでの時間に遅れが生じるという問題もあります。
また例えば、シート状の製品が連続的に流れるような工程などでは被加熱物と温度センサーを接触させて温度を測定すること自体が困難であるということもあります。正確に温度を測定する事が高精度な制御の第一歩ですから、温度測定が難しいということは制御全体の結果を左右する問題となり得ます。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。