トラップ周辺の機器 後編 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【スチームトラップの使い方】トラップ周辺の機器 後編

スチームトラップの使い方

トラップ周辺の機器 後編

メンテナンスのために必要な機器

トラップ周辺の機器 前編では、作動に必要な機器と作動確認のために必要な機器について説明しましたが、後編ではメンテナンスに必要な機器について解説いたします。

スチームトラップを設置する時にはメンテナンスも容易にするために、トラップの周辺にはトラップ入口バルブ、トラップ出口バルブ、バイパスバルブ、ストレーナーといった機器の設置が必要です。

トラップ入口バルブ

蒸気の流入を一時的に閉止し、分解や部品交換を行なえるようトラップ一次側には入口バルブの設置が必要です。

入口バルブとしては一般的に玉形弁が用いられることが多いようですが、玉形弁は、図のように弁シート部が配管の中心付近にあるため、この位置までドレンが滞留してしまうことがあります。

ドレンが滞留すると、入口バルブとトラップの間に蒸気がこもってしまうことでスチームロッキングが発生し、ドレン排出を阻害することがあります。ドレン発生量が多い箇所の入口バルブは配管内にドレンを溜めない、流路が直線的なボールバルブや仕切り弁を使用した方がベターです。

ドレン量が少なく、バルブに起因するスチームロッキングの恐れがない箇所には玉形弁も使用可能です。

入口バルブ

トラップ出口バルブ

単独でドレンを放流しているトラップ以外、例えばトラップの出口側配管が集合している場合やドレン回収が行われているトラップなどは、トラップの出口バルブも必要です。トラップ出口側からの蒸気やドレンの流入を一時的に閉止してトラップの分解や部品交換等を行なうためです。

出口バルブについては、入口バルブと違ってドレンが滞留してもトラップの作動やドレン排出に影響がないため、玉形弁を使用しても支障はありません。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。