1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【蒸気のトラブル】ストール現象 後編(ストールの解消方法)

蒸気のトラブル

ストール現象 後編(ストールの解消方法)

ストールの解消方法

前稿のストール現象 前編(発生原因と問題)ではストール発生のメカニズムについて触れました。
おさらいをしておきますと、ストール現象とは、「トラップの作動差圧(トラップ前後の圧力差)がなくなり、トラップからドレンが排出されずに熱交換器内に滞留してしまう現象」でした。

本稿ではストール現象を解消するための方法を考えてみます。
ストールの解消のために必要なこととは何でしょう?
熱交換器内にドレンが滞留している状態を解消したいわけですから、何らかの方法で滞留ドレンを排除する事がストールの解消法ということになります。
これまでに述べたとおり、トラップ一次側圧力<トラップ二次側圧力であれば、ドレンの排出ができませんから、トラップ一次側圧力>トラップ二次側圧力となるようにすれば良いわけです。そのように考えると方法は二通り考えられますね。

  • トラップ一次側圧力をより高くする
  • トラップ二次側圧力をより低くする

1.の方法はパワートラップなどのメカニカルポンプを使用する方法、2.の方法は真空ポンプを使用する方法で、どちらもストール現象の解消策として広く用いられている方法です。
パワートラップを使用する方法では、滞留ドレンに蒸気圧力や空気圧力をかけることによりトラップ一次側圧力をトラップ二次側圧力以上にして滞留ドレンを押出します。真空ポンプを使用する方法では、トラップ二次側配管(ドレン回収管)全体を大気圧以下の真空に保ち、トラップの作動圧力差を確保します。
どちらの方法が適しているかは、ストール現象が発生する条件や、装置の設置環境、装置台数などにより異なります。技術者の現場確認を経て方法を決定されることをお奨めいたします。

一次側圧力を高くする

ストールの解消方法:一次側圧力を高くする

二次側圧力を低くする

ストールの解消方法:一次側圧力を高くする

内部が負圧にならないが、背圧が大きい場合

背圧が大きいので、ドレンが排出できない

内部が負圧にならないが、背圧が大きい場合:背圧が大きいので、ドレンが排出できない

パワートラップ(GP10)を使用する

内部が負圧にならないが、背圧が大きい場合:パワートラップ(GP10)を使用する

電動機タイプのポンプを使用する

内部が負圧にならないが、背圧が大きい場合:電動機タイプのポンプを使用する

内部が負圧になる場合

内部が負圧になる場合

パワートラップ(GT10)を使用する

内部が負圧になる場合:パワートラップ(GT10)を使用する

真空ポンプを使用する

内部が負圧になる場合:真空ポンプを使用する