トラップ選定の手順 前編 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【スチームトラップの基本】トラップ選定の手順 前編

スチームトラップの基本

トラップ選定の手順 前編

スチームトラップ選定のステップ

皆さんは、どのような手順でスチームトラップの選定をしておられるでしょうか。数多くのスチームトラップが存在していますから、どれを選べばよいか戸惑われることもあるのではないでしょうか。
今回はスチームトラップの選定手順の内、始め2つのステップについて説明いたします。

スチームトラップには多くの種類や材質、能力がありますが、正しい選定の手順は以下のステップです。

  • ステップ1 : 使用する用途に対して適合する機能のトラップを選ぶ。
  • ステップ2 : 使用する条件に対して適合する仕様のトラップを選ぶ。
  • ステップ3 : 発生するドレン量に対して適切な安全率でトラップの容量を選ぶ。
  • ステップ4 : その中から、ライフサイクルコスト(LCC)が最小になるトラップを選ぶ。

用途別トラップ選定の要領

スチームトラップが使用される用途は、大別すると次の3つに分かれます。この3つの用途区分は、それぞれにスチームトラップを設置する目的が異なるために区分されています。

蒸気輸送配管

蒸気輸送配管の役割は、良質な蒸気を安定して設備に供給することにあります。蒸気輸送配管の用途に適合するトラップでは、蒸気配管でウォーターハンマーを起さないということが最重要の目的となります。そのためには通常運転では、絶対にドレンを滞留させない機能のトラップを選定しておかなければなりません。

蒸気使用設備

蒸気使用設備は各工場で最も重要な生産を行うための設備ですから、その役割は生産性を最大にし、かつ高品質な製品を生産することにあります。短時間でスタートアップ出来ることや加熱ムラによる品質不具合を発生させないことが求められます。初期エアを迅速に排出するとともにドレンは連続的に排出できる機能を持ったトラップを選定することが必要となります。

スチームトレース

スチームトレースは通常の蒸気使用設備とは異なり、銅管が伝熱管として使用されることも多く、かつ加熱温度が100℃以下の場合もある特殊な用途です。銅管で発生する堆積物の影響を受けないこと、また100℃以下の低温加熱の場合には蒸気の顕熱(ドレンの持つ熱量)も利用できるものが望ましいと言えます。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。