スチームトラップの排出能力と安全率 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【スチームトラップの基本】スチームトラップの排出能力と安全率

スチームトラップの基本

スチームトラップの排出能力と安全率

トラップ排出能力表からわかること

スチームトラップがドレンを排出する能力は排出能力線図で示され、ある作動圧力差における排出ドレン量がわかるようになっています。

排出能力線図

この排出ドレン量は、実際の作動状態での値ではない点に注意をする必要があります。

例えば、作動に温度が関係する方式のスチームトラップは、ドレン温度が異なれば弁のリフト量が違ったり、弁の開閉作動頻度が違ったりします。それらの違いが排出ドレン量に与える影響が大きいため、何℃のドレンを排出しているときの値を示しているかということは大きな問題です。

本稿ではスチームトラップの排出能力について考えてみます。

ドレン排出能力の考え方

スチームトラップがドレンを排出する能力の検査方法は 「JIS B 8401 蒸気トラップ」 でも定められており、その測定方法は以下のように定義されています。

  • 排出量試験は、トラップの入口側圧力を指定圧力とし、出口側を大気に開放して、飽和水又はそれに近い状態の温水(サーモスタティックトラップの場合は指定温度の温水)を連続排出させて、その排出量及び排出時間を測定し、1時間当たりの排出量を算出する。測定は、最高使用圧力までの適当な圧力3点以上で測定して、圧力-排出量曲線を作成し、トラップ入口側の飽和水又は温水の温度を明示する。

ここで重要なポイントは、連続排出しているときの排出量を計測して、1時間当たりの排出量に換算していることです。

例えば、30秒連続でドレンを排出させたときに2kgのドレン量が測定されたとした場合、2kg × (3600 ÷ 30) = 240kg → 240kg/hとするわけです。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。