長期間停止する蒸気配管 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【配管】長期間停止する蒸気配管

配管

長期間停止する蒸気配管

蒸気を停止するときの配管の処置

長期間蒸気を停止する際、蒸気輸送配管はどのように処置すればよいでしょうか。当然ながら、目的によって取るべきアクションが異なります。内部の錆びの進行を防止したいのか、バルブやスチームトラップが固着して使えなくなるのを防止したいのか、はたまた小動物が管内に入り込むことを防止したいのか・・・。

バルブ類の固着は、一般的に配管内部の錆びほど頻繁にはおきませんが、年間数時間程度しか使用しないような箇所は危険です。長期間動かさずに良好なコンディションを維持することは難しく、時々使用して動かすことが望ましいと言えます。

配管内部の錆びについては、機器に比べると幾つか対策があります。配管を安全な状態で維持することを考える場合、メインになるのは内部の腐食・錆び対策でしょう。これについて考えてみます。

蒸気用途で主流の炭素鋼管は錆び対策が必要

多くの場合、蒸気を輸送するための配管には炭素鋼の管が使用されます。炭素鋼は強度やコスト、扱いやすさに優れた非常に使いやすい材料ですが、錆びやすいという特長もあります。そのため管に限らず一般的には炭素鋼を使用する場合、錆び対策として塗装などで表面を保護しますが、管の場合、外面は塗装できても内面は塗装することができません。

使用する流体によっては樹脂などの被膜で内張り=ライニングを施した管を使用する場合もありますが、蒸気ではその手法が使えません。その結果蒸気配管では管内の錆びに悩まされることになります。

通常、一度でも蒸気を流したことがある蒸気配管の内側は錆びてしまいます。そのため、蒸気輸送配管においては「錆びさせないこと」を目的とするのではなく「短期間で穴が開くほどひどく錆びを進行させない」ことが現実的な目標となるでしょう。

炭素鋼の錆びは

  • 炭素鋼
  • 酸素

の3つが揃うと進行します。

蒸気配管内部が錆びるのは使用中ではなく、蒸気の送気を停止した後です。送気を停止すると、管内の蒸気は凝縮して液体の水になります。そして蒸気が凝縮した空間に空気が入り込んできます。これにより、炭素鋼と水と酸素が揃ってしまい、錆びが進行します。

蒸気配管内部が錆びるのは送気を停止した後です。管内の蒸気は凝縮して水になり、蒸気が凝縮した空間に空気が入ります。これにより、炭素鋼と水と酸素が揃い、錆びが進行します。

管内の錆び対策:水を抜く

最もオーソドックスな方法としては、水を抜いてしまうことです。しっかり水を抜くことができれば著しい錆びの進行は防ぐことができるでしょう。

ここで問題になるのは上手く水が抜けるかどうかです。水抜き箇所を開放するための手間や仕組みが必要です。また、適切な箇所に水抜き用のバルブが設置されていないと、配管が低い箇所や配管自体の低部に水が残留し、その部分の腐食が進行します。

適切な箇所に水抜き用のバルブが設置されていないと配管が低い箇所や配管自体の低部に水が残留し、その部分の腐食が進行します

つまり、効果を上げるためにはあらかじめ水抜きを考慮した設計施工がなされていることが必要になってきます。

 

低所には水抜きを設置します。ドレン取り出し口は配管の低い位置に施工します

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。