スチームコンプレッサー | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【その他機器など】スチームコンプレッサー

その他機器など

スチームコンプレッサー

低圧蒸気・廃蒸気の使い道

スチームトラップが排出するドレンの一部が再蒸発したフラッシュ蒸気。これを有効に活用することは、省エネルギーに繋がります。

フラッシュ蒸気の代表的な利用方法はフラッシュタンクを用いるものです。スチームトラップから排出されたドレンをタンクで受け、タンクでフラッシュさせた蒸気を低圧の系統へ接続して使用します。

ここで重要なのは、フラッシュ蒸気の圧力は自由に決められないことです。フラッシュタンク上流側に設置されているスチームトラップが所定のドレン量を排出できる差圧は、必ず確保されなければなりません。

フラッシュ蒸気は再蒸発蒸気とも呼ばれ、高圧高温のドレンが低圧の雰囲気に晒されたときに発生します。フラッシュ蒸気はフラッシュ蒸気でも説明しています。

フラッシュ蒸気だけでは圧力が低すぎて使用できない

しかし、スチームトラップのドレン排出能力を考慮してフラッシュ蒸気圧力を決定した結果、「フラッシュ蒸気は発生するが圧力が低すぎて使い道がない」というミスマッチも起こり得ます。例えば、0.2MPaGの圧力なら利用できるが、フラッシュ蒸気の圧力は0.1MPaGが最高であり、これでは使い道がないので結局大気へ放出・・・となるケースです。この場合、0.1MPaGの蒸気を0.2MPaGに昇圧することができれば、蒸気を無駄にすることなく活用できます。

フラッシュ蒸気だけでは圧力が低すぎて使用できない

低圧蒸気の圧力を上げるには?

では、どのようにして圧力を上げればよいのでしょうか。空気圧力を上げる場合は機械的に加圧するコンプレッサーが一般的ですが、蒸気用の機械式コンプレッサーというのはあまり存在しません。また、蒸気に熱を加えるだけでは過熱蒸気にはなっても、圧力は上昇しません。

高圧の蒸気と低圧の蒸気を混合する方法はどうでしょうか。高圧の蒸気配管と低圧の蒸気配管を単純に接続すると、高圧蒸気が低圧配管側にどんどん侵入します。低圧側から見れば高圧蒸気の逆流ですから、装置のドレン排出に悪影響が出てしまいます。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。